AL architects

Home /

Blog

福岡市Z邸・細かな納まり

窓枠をできるだけスッキリと

窓枠をできるだけスッキリと

しばらくブログから離れている間に、サッシがつき、ガラスが入り、内部の壁下地や造作ができあがりつつあります。今回の住宅では窓廻りをできるだけスッキリとみせようと思い、窓枠を和室の落し掛けや袖壁に用いられる“ハッカケ(刃掛け、刃欠け)”という納まりにして、見付け部分を薄くしています。上枠や縦枠は省略しているのですが、さすがに下枠だけは省略しきれずに、工務店さんには細かい作業に付き合ってもらっています。お施主さんからの希望という訳ではないのですが、軽やかで凛とした空間表現を目指して、1つ1つの細かな納まりにまでこだわりながら、最終的にはできるだけスキのない空間にまとまるといいなと思っています。